So-net無料ブログ作成
検索選択

クリアネイルの特許技術 [爪水虫]

爪水虫薬クリアネイルは水虫薬の先進国アメリカの製品です。

使用方法は爪水虫幹部へ塗り込む方法になります。

その特徴は爪の中に薬品がしみ込む特許技術にあります。


クリアネイル

この技術は他の水虫薬にはない技術です。爪に塗っても薬品が渇いてしまい有効成分が浸透しない他社製品ときちんと爪の中にいる水虫菌まで浸透し殺菌できるクリアネイルとでは効き目に大きな差があります。

では簡単にクリアネイルの特徴・効果・治療期間をご案内します。

まず、クリアネイルの特徴です。

クリアネイルは主成分がトルナフタールです。トルナフタールは水虫菌に直接働きかけ、確実に殺菌して行きます。

爪水虫の治療は現在皮膚科・もしくは内科に行って血液検査をしてもらい肝機能に問題がないと確認したうえで飲み薬を処方してもらうという方法が一般的です。

通常3~6ヶ月通院しながら飲み薬で治す方法が主流です。

しかし、この方法では多かれ少なかれ副作用があり、肝機能が弱い人、肝機能に問題がある人だけでなく、健常者であっても体質によっては副作用に見舞われ苦しんで途中でやめてしいます。

そのためアメリカおよびヨーロッパでは、副作用がほとんどない塗り薬による治療が主流になっているんです。

日本では塗り薬は肝機能に問題のある人、肝機能低下の副作用を避けたい方のために使用されているだけで、まだまだ認知度が低いのが現状です。

これに対しクリアネイルは、塗り薬による治療が主流のアメリカで大人気の爪水虫用塗り薬です。

その特徴は、水虫菌に直接働きかけるトルナフタールが『爪の下に成分が浸透する技術』により、爪の内部、爪の下の皮膚に潜む水虫菌を攻撃し、殺菌するため確実に効き目を発揮します。


Dr.Gsクリアネイル

『爪の下に成分が浸透する技術』はクリアネイルの特許技術です。

他社の製品では爪に薬を塗っても、浸透する前にアルコール成分によって有効成分もろとも蒸発させられてしまい、爪の内部までは浸透せず、治療ができません。

つまり、爪の内部・爪の下の皮膚まで薬が浸透し、根こそぎ水虫菌を退治できるのはクリアネイルだけということです。

▼ご購入はここから出来ます▼

おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G's クリアネイル」はコチラ



*せっかく爪水虫が治っても、足の皮膚・足の指の間などに水虫が残っていればまた爪水虫が再発してしまいます。

必ず、足の裏の水虫、指の間の水虫も一緒に治療してください。


さよなら水虫♪ 最強セットの登場!水虫・爪水虫完治セット


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。